2004年04月26日

love DUB

 
情報を提供するためのWebっていうのは、
Web制作をお仕事にするうえで、かならず求められる要素。
…なんですが、
Webというメディアが可能にする情報伝達の手段は、解説テキストを読んでもらうとか商品イメージをみてもらうなんてことばかりではもったいないくらいに多様化してるわけで。

テレビに頼らずムービーが見れたり、ゲームで時間をつぶしたり、音楽をダウンロードしてみたりなんてこともいまやあたりまえにできるわけだけれど、ただ見る・見せるだけじゃなくって、なんかもう一段階上の情報提供の手段がありそうだと。

言葉で理解できる類の情報を超えて、もっと感覚に直に刷り込まれるような理解を求めることが、で、それを可能にすることができそうだと。

アートというジャンルに於いては、
「感覚にダイレクトに響いてきて、なんかもうものすごく好きだけれど、その理由は言葉ではうまく説明できない」
なんていう感動的な作品にごくたまに出会うことがあるけど、Webではどうか。
Webは、感覚に訴えるビジュアルのみならず、実際に操作させることで、訴えたいものそのものの中にユーザーを取り込んでしまうことが即時にできるところが、やっぱりすごく稀な情報伝達手段ですよね。

たのしくあそんじゃって、しかもビジュアルもかわいくって、そうこうしてるうちに、今自分を取り巻く周囲の空間のムードまでさりげなく演出してくれる。そういう言葉を超えた情報提供を楽しくやってるWebサイトにであって、ちょっと気に入ってます。
Webっておもしろいな〜。

0426

Play!
よかったらちょっと遊んで、この世界に巻き込まれてみてね。

D U B S E L E C T O R
 
posted by moonwalker at 14:03| ロンドン ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | aRT⇔deSIGn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月23日

うらないについて。

 
昨日はなんだか朝から凹み気味だったのだけれど、
まあ仕事しよう、ということでPCを起動。
まずはメールチェック、と思ったら、サーバが一杯になりそうだから削除してくれというメッセージが。
そんなわけで昔のメールをチェックしているうちに、2年ほど前とある人が送ってくれたメールに目がとまる。
内容は、yahoo!の占いコンテンツでわたしのことを占ってくれた結果をcopy&pasteしたものだった。
2年前の占いなだけに、その後実際にわたしの人生がどうなったか、わたしは知っているわけだけれど、ふりかえってみるとその占い、結構あたっている気がする。
なんだか気になって、さっそくやってみた。
yahoo!占い。

…なんかやなかんじの結果がでた。しかも当たってる気がする。

朝一番から、痛いとこをつかれて一瞬パラノいそうになるわたし。
もともと憂鬱モードだったのに拍車がかかってちっとも仕事が手につかない状況になる。

相手のことを思い浮かべながらクリックする、という相性占い、
同居人の彼に、わたしのことを考えながらクリックしてみて、と頼んで、ためしにやってもらった。

「うん、い〜よ〜♪」
と言って、楽しそうにクリックした彼は、やはりなんだかやなかんじの、気に入らない結果をみると、
「はい、もう一回!」「はい、じゃあ 二回目!」「はい〜 三回目いきま〜す」
と、次々クリックしたあと、まあまあいいかんじの結果がでると、
「じゃあ、これにしよう!!」
と言った。

なんだか、落ち込んでいたことが、相当ばかばかしく思えた一瞬だった。

0423

カードの絵も、ちょっぴりおどろおどろし目。
 
posted by moonwalker at 10:13| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月21日

タイポグラフィ。

 
今日渋谷で仕事の打合せをしたあと、あまりにもいいお天気なので、光合成がてらそのまま近所をちょっとぶらぶら散歩した。

わたしの住んでいる部屋は、北向きで昼でも電気をつけないといけないくらいに暗いので、こういう日の昼間に外に居る時間があることを本当に幸せに感じる。感謝感謝。神様ありがとう。

で、散歩中に、細い道に面した小さなガレージを発見。車の修理工場のようで、作業着のおじちゃんが3人くらい集まって、解体途中の車を眺めながらなにか相談をしていた。
なにげなく通り過ぎようとしたとき、そのガレージの脇にあったガレージの事務所への入り口に目が留まった。

昔から、なんかこう隣接した建物と建物の隙間とか、建物の小さな開け放たれた入り口とかそういう、小さく区切られて狭くて暗い空間になんだか妙に惹かれてついカメラを向けてしまうわたしなのだけれど、この小さな入り口もなんだかいい雰囲気を醸し出していた。
入り口のとなりに、事務所名を掲げた緑色の看板が3つ、並んでいて。
日本語と、英語表記のものと、関連会社の看板だと思う。
これも、すごくステキだった。
おそらくは相当古いもののようでちょっとペンキも剥げかけているのもまたいいかんじだし、なによりその、フォントがとてもかっこよかったの。フォントっていうか、手書きレタリングに違いないんだけど。

3人のおじちゃんにちょっぴりいぶかしがられつつ、控えめにちょっとはなれて、ひとまず撮影したんですけどね。やっぱしわたしの携帯カメラごときでは、いまひとつきれいに撮ることはできませんでした。残念。

0421 一応、雰囲気だけでも。

で、気をつけていろいろ見てると、街の中にはいろんな文字があふれているのですよね。
イギリスなんかでは、ちょっとした住所表記のプレートや、そこらじゅうにあるPUBの看板なんかの文字が、さりげなくめちゃくちゃ渋くてかっこよかったりするのですが、日本語も捨てたもんじゃないなと。
情報として「読む」のではなく、タイポグラフィを意識して「観る」と、結構楽しいね。るん。




で、おまけですが、これは昨日公園で見つけた文字。

0420

人という字は、人と人が支えあって…。みたいなね。
 
posted by moonwalker at 21:06| ロンドン 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | aRT⇔deSIGn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月19日

やっぱ映像っていいな。

 
気になっていたtronicの作ったムービーが、
彼らのサイトで公開されていると最近知りました。

creative reviewのコンペで受賞し、onedotzeroで上映されたというムービー、いいです。ウマイです。
思わず胸がときめいてしまいました。

0419
 
見てみてね。
  
posted by moonwalker at 15:22| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | aRT⇔deSIGn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月17日

テキーラ。

 
昨夜はとある身内イベントにあそびにいく。
身内ノリの小さなまったりしたパーティなんて久しぶりで、それは楽しかった。
けど、ひさびさに飲んだテキーラがおいしくて、つい調子に乗って飲みすぎる。お酒で具合がわるくなったのなんて、いったい何年ぶりなんだろう。徹夜続きで生活のリズムもめちゃくちゃになっていたし、でも、ぶわ〜っとはじけたい気分だったんだろうけど…。でも、いいおとななのに、反省。

パーティに行く前にMACを見にお店に寄った。
iBookG4かPowerBookかで悩み中。サブマシンとして使うにはiBookでいいかなあ…白いほうがなんだか愛らしいし…でも、やっぱりせっかく買うならPowerBookかなあ…いまいち、決め手がなくて迷っています。
キーボードのさわり心地は、PowerBookの方がいいかんじ。でも、やっぱり白いボディにふわっとリンゴマークが光ってるのがかわいいかんじ。自分の使用用途を考えるとPowerBookに越したことはない気もするし、でも、iBookでも事足りるのではという気も。10万近い金額の差もでかいし。
うわ〜。なやむ。
 
posted by moonwalker at 12:41| ロンドン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月15日

またです。

 
またしても完徹。
昨日の朝から仕事しっぱなしで、たった今、納品したところです。
納期直前に一睡もしないで昼過ぎまで仕事をする、というパターンに体も慣れてきたらしく、肉体的にも精神的にも、なんかちゃんと8時間くらい寝た日の午後とあまり変わらない感覚なのだがこれは一体どうしたことだろう…。
おそとはなんだかものすごくいいお天気だし…このままお散歩にでもいっちゃおうかなあん。というかんじ。
しかし、ロンドンの天気は今日も不明。
…きっと、曇りのち雨ところにより一時晴れ、みたいな天気なんだろうなぁ。

それにしても、こんな風にしょっちゅう完徹せざるを得ない状況って、フリーランスで仕事していく限り当たり前なんだろうか。それとも単にわたしの要領が悪すぎるのか。
どうも後者のような気がしてならないのだけれど、とあるフリーでしっかりやってる友人にきくと、いや〜そういうものでしょう、結構みんなそんなかんじだと思うよ、一ヶ月の仕事をラスト三日でやるものだよ!と言いきっていた。

ほんとに……………?

個人事業主している方たちのお話を、一度ざっくばらんにきいてみたいものだ〜、と最近思ってます。なにかもっと効率よく、健康的なやり方があるんじゃないかと模索してるのじゃが…。
 
posted by moonwalker at 12:29| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月14日

夢をみた。

 
昨日目覚める直前に妙な夢を見た。
日頃無意識に少しずつ溜め込んでいた疑問やそれに応じたストレスなどに対して、ざっくり斬られたというような内容だった気がする。
できれば気がつきたくなかった自分の思いを丸裸にして、「あなたは本当はこう思っている」と突きつけられるような夢。

え?わたしって、本当はそう思っているの?かな…?

とか考えながら、昨日は一日、なんだか軽く苦しい思いのまま、憂鬱に過ごした。
夢が現実に与えるエフェクトって、結構すごい。

イラストレーター小波田 えまさんの見た夢。

小波田さんのWEBサイトはこちら
Welcome to Ema Konamida's site
 
posted by moonwalker at 12:53| ロンドン ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のぼやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月12日

完了。

 
先ほど、わたしのクライアントであるエージェント企業から、
昨日(というか今朝)最終チェックした某製菓関連の会社のサイトがついに本日、予定通り無事にリリースされたとの連絡が入る。

や〜っ。うれしい!

今回は何度か徹夜も強いられる納期の超短いお仕事だったけど、苦労しようとなんだろうと、完成したモノが自分の手を離れてひとつのモノとして(けど、モノ・なのかな…その点webってちょっと微妙なかんじではあるけれど)ひとり歩きをはじめてくれた瞬間の喜びって、何度経験してもすっごくイイものだ。
しかもお金までもらえちゃうとは。ね〜。
これだからモノをつくるおしごとはやめられない。フハ。
 
posted by moonwalker at 12:23| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デザインしてみよう。

 
洋服のデザインって、プロとしてやってらっしゃる方は別として、
こんな洋服があったらいいな〜なんて考えながら絵に描いてみたり、なんていうレベルであれば、特に女の子だったらだれでも経験したことのある楽しい遊びだと思う。わたしもかつて、そういうお絵かきを沢山したなあと。

こんな企画があります。

*************************************************

実は高校のウェブ・ページである子が、(自衛隊の制服が)「なぜ迷彩服でないといけないのか?」という単純な疑問を投げかけた。俺も同じことを思う。あの迷彩服だと挑発してるとしか思えん、一応軍隊でないんだし。

そこで、私達が自衛隊の制服をデザインしちゃいましょう

暴力の悪循環を断ち切るには時としてこのようなユーモアなセンスが必要だ、そして平和憲法のある日本の自衛隊はこの暴力に対する戦いの先陣に立ってもらいましょう!

条件:人道的支援に合うような、人をまったく挑発しないデザインやアイディアならなんでも。


下記↓のメールに意見やデザイン募集します!!もちろん写真でもいいですよ。メモリーは小さめでよろしく、なんてたってホットメールなんで(自慢げ)

seifukudesign@hotmail.com

*************************************************
 
世の中にはあまりそれを重要視しない人が多いようだけれど、ビジュアルが人に与えるインパクトって、実はものすご〜くデカイと思っています。
思いを伝えて理解してもらうために、人は言葉という記号を使うことが多いけれど、
もっと説明のいらない、パッと見たらもう理解してもらえるどころかダイレクトに感じてもらうことのできてしまう、そういうビジュアルで思いを伝えることができたら、案外言葉で伝えるよりもすんなりと信じてもらうことができるのかもしれません。
  
posted by moonwalker at 09:33| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | aRT⇔deSIGn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月10日

目にやさしい

 
コンピューターのモニターを眺めていると、
目が疲れるのを超えて、すごく痛くなる。
20時間以上ぶっ続けでお仕事なんかしていると、本当にやばい。

そんなときは、立体視。
モニター上でもできちゃうのだねえ。

monogokoro
テレビヲミテテ


041003

しかも、かわいいハートたち(複数ハート)
 
posted by moonwalker at 17:22| ロンドン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | aRT⇔deSIGn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この人はやばい。

 
ヒロ・ヤマガタ氏といえば、
街中でおねえさんが入場無料ギャラリーで〜すと勧誘していて、
一日わずかコーヒー一杯の値段で買えますよ〜という例のキャッチ系アートギャラリーの代表的シルクスクリーン作品群を連想するのはわたしだけかしら。
元美大生のわたしは、ついついあんなもんはアートじゃない、とむしろバカにすらしていたかもしれない…。

ごめんなさい、つい先日まで知りませんでした。
もう10年以上も前から彼の作風はぜんぜん別のものになっていたのでした。
はっきり言って衝撃でした。絶句です。

まだ解明されていない自然の現象、その中でも 特に地球上のすべての生命体の源である太陽のパワーとそれが地球に与える影響に強い興味を抱き、それに対する自らのコンセプトをレーザー光線とホログラムという現在ある最も先端的で精密な光学素材を使って表現、ということなんですが。
すごい。やばい。ぜひ、本物拝見つか体験したいです。
去年横浜で展示してたらしいのですが、まったく存じ上げず…。くやしいです。

0410 041002

もっと見たい方はこちらをどうぞ。
Hiro Yamagata
 
posted by moonwalker at 11:53| ロンドン ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | aRT⇔deSIGn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月09日

イラク人質の件

 
3邦人拘束、3日以内に自衛隊撤退せねば殺害と脅迫
 
ものすごく胸が苦しくなってしまいました…。
わたしにはどうしたらいいのか、わからないです。

とある視点。
blue log
人質事件雑感想 とあるチャットにて

 
posted by moonwalker at 01:31| ロンドン ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | 旅とか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月08日

I hit him.

 
同居人のボーイフレンドは、比較的寝相が悪いというか大胆だ。
彼の家に転がり込んで以来、一緒のベッドで寝ているのだけれど、
彼に半身ずっしりと乗っかられてその重さに目が覚めたり、
腕を勢いよく真横に伸ばした先のグーにした手がわたしの頬に思いっきりスパーンとキマったり、
気づけば対角線上にのびのびと体を伸ばして寝ている彼と、
角の方の小さな三角エリアで丸まって寝ているわたし、なんていうこともよくある…。

彼に言わせると、わたしの寝相も結構面白いらしいんだけど、それはわたしは知らない話なのでその様子については記述できませんが。

で、今朝のわたしはどうも、彼に日頃の復讐をしてしまった!?
肘から寝返りを打った先にちょうど彼のおでこがあったらしく、
わたしのエルボーがごつんと入ってしまったのです。

…うっ!
…ぎゃ〜っ、ごめん!

というかんじで、その衝撃にふたり同時に目が覚めたわけなんですが、
ふと時計を見るといつも起きる時間をとっくに過ぎていたわけで…。
危うく寝過ごしそうになったところを起こしてあげたことになってしまいました。いやあ。よかったよかった。
 
posted by moonwalker at 13:12| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月06日

またしても…

 
完徹いたしました。
お仕事があるのということは非常にありがたいことなんだけど、
納期のタイト具合は老体にムチうちです。
漫画家のお仕事でいう修羅場というやつはまさにきっとこんなかんじなんだろうな…。

それなりの達成感はあるけど、本UPは一週間後。それまでに細かいとこ直したり作りこんだりと、
まだまだやっておきたいことだらけで、前回のような、ジャングルを乗り越えた達成感はまだないかんじ。

もっと手を抜いてもだれも文句いわなそうな内容の仕事ではあるのじゃが…ついつい細部までこだわりまくる我。

朝、同居人が出かける間際に、昨日からずーっと、作りっぱなしの私を見て、
君はやっぱり作る人で、ディレクターやプロデューサーには向いてないのかもね、と言った。

わたしもそう思います。

徹夜明けの失業園でもいってこよ〜っと。
 
posted by moonwalker at 14:27| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月05日

ロンドンの2

 
…と思ったら、今は晴れてるみたいだロンドン。
日本もまた春が戻ってきてるみたい。
うれしい。
 
posted by moonwalker at 14:03| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロンドンの

 
ロンドンのお天気 いっつも雨か曇りなんだけれど、
たまに晴れるとなんかもうすっごくうれしかった。

こんな風にさむくて曇ってる日は、
ロンドンでの楽しかった生活を思い出す。
だから、さむくて曇ってる日も、前より好きになったんだ。


まだお仕事中…。
 
posted by moonwalker at 02:36| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月04日

地球の危機。

 
4月に入ったことだし、って、ヒーターしまいかけていたというのに…

さむいですね〜。
花を咲かせた木々たちがかわいそうです。人間たちはまあいいとして。

今日もおしごとです。
 
posted by moonwalker at 18:48| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月03日

LOVE COLDCUT


行っちゃいました。
行ってよかった。ものすごくかっこよかった。
やっぱり、たまには夜遊びしないと、からだにわるいですね。

040302

LOVE COLDCUT。単なるミーハーと呼んでいただいて結構です。うふ。
 
posted by moonwalker at 23:02| ロンドン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のぼやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月02日

徹夜の日々再来の予感…

 
週明けの火曜までに、30ページくらいのサイトを作ることになった。
うわ〜 時間がない!でもなんとしてでもやるのがわたしの使命。

今夜は ninja tuneのパーティに行きたいのじゃが…。

いけるのでしょうか果たして。ハフ。
 
posted by moonwalker at 12:03| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月01日

VIVA!失業園!

 
自宅から自転車で20分ほどのところに、2月頃から足しげく通っている公園がある。
名前は挙げずにおくけれど、雰囲気としては井の頭公園の池と、池の周辺10メートルの範囲を切り取ったようなかんじで、小さめなところが妙に落ち着く。
井の頭公園や代々木公園といったメジャーな公園と違うところは、なんといってもその客層で、まず全体的に年齢層が高い。お年寄りか、犬の散歩の主婦かおじさんがメイン層。若者といえば、近所の中学高校の運動部がランニングしているくらいで、ラブラブのカップルとか学生の集団が大騒ぎとかストリート系ギター弾き語りとか、そういう若さ爆発!という雰囲気がまったくない。ま、言っちゃうと、そういう意味ではちょっと枯れてるっちゃあ、枯れてる。
平日、午後の日差しがぽかぽかと気持ちいい時間になんて行こうものなら、そこは、異常なまでののんびり具合、リタイアメントムード満載、社会からはもう遠ざかりました、もしくは、遠ざかるしかありませんでした、という人々の楽園と化しているの。
時が止まってる、とはいわないけど、間違いなくかなりかなりゆっくり流れている、あの区画は。

近所に住むミュージシャンでWebデザイナーの友人Gは、土日のほかに毎週水曜も休みなので、
天気がよければ誘い合わせて、池の端のいつものベンチで、鴨に餌付けなんかしながら、あの木に芽がついたとか、今週は花がさいたとか観察しながらひたすらぼけぼけと過ごすのが、Gとわたしの水曜の定番になりつつあった。
そして、なんだかものすごくその公園が気に入ってしまったわたしたちは、その公園に名前を付けた。その名も「失業園」
なんてぴったりなネーミングなんでしょう。“落”という漢字はそこに含まれていないのに、なんだか自堕落な、そしてちょっぴり甘美なテイストを読み取ってしまうのはわたしだけでしょうか。
失業園、来る度に木々も空気も春めいてゆく姿を観察しながら、会社、辞めてよかった〜〜と、心のそこからそう思うわたしなのですね〜。
だいたい都会でお勤めでテンパってたりすると、四季の移り変わりというものと相当縁遠くなってしまうよね。朝から暗くなるまで、夏も冬もエアコンディショニングされた建物の中で過ごしてさ。春の訪れを花粉アレルギーで感じたりしちゃってさ。もしくはテレビのニュースで桜前線なんてのを確認して、ああ、春がきたのねえ〜なんてさ。
今年のわたしは冬のうちから、徐々に芽を膨らませていく木々や、少しずつ遅くなっていく夕暮れのタイミングなどなどに、ああ、春が来るなあ、自然さんたちは、せっせと春支度をはじめているんだなあ……と、見て、触れて、自分の五感で感じたわよ!ステキでしょ!
そんなヒマないっす…というのが当たり前の世の中で、ヒマがあるということ自体がなんだか負け組扱いの世の中だけれど、こんな幸せなんだったら負け犬と呼ばれてもべつにいいや〜と思える今日日のわたしです。

で、Gが、3月いっぱいでWebの仕事がなくなってしまって、今日からほんとの失業者になってしまった。
まあ彼ほどのスキルがあれば、またすぐに次もみつかるだろうと思うので心配ないのだけれど、なんにしても、なんかやっぱりちょっとした変化だよね。
というわけで、おつかれさま会ってことで、やっと咲いた桜を眺めながら、昼間から失業祝いのビールをふたりでしっぽり飲みました。
がんばれGくん!春なのだ!

桜も咲いていたのだけど、たまたま座っていたベンチの脇に立っていた木。
枝には花も葉もまだなくて、一見地味だったんだけど、(1)
よ〜く見るとなんだか枝がギザギザしていて、(2)
近寄ってみたら、バーバパパみたいにぷっくりした小さな芽がびっしり生えていた。(3)

(1)0401 →(2)0401_02 →(3)0401_03

かわいくな〜い?
 
posted by moonwalker at 23:42| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。