2004年07月02日

ダイヤルアップの罠

 
先日、近所に、この春にオープンしたとある居酒屋さんに初めて立ち寄ってみた。
4,5人でいっぱいになるカウンターと、テーブル席が二つ(と、地べたで酒盛り席がひとつ)の小さなお店で、
お料理もお酒も音楽もおいしかったし、なかなか居心地がよかった。
そして、なにより、2人しかいない店員さんがめちゃくちゃアッパーなノリで、でもそれもまたうっとうしくなくてよかった。

で、ここの店員さんと、たまたまわたしのとなりに座った常連らしき男の人と、Webの話題になった。
店員さんは、映像制作に携わっていたことがあるらしく、デジタル編集なんかもしていた為、コンピューターはいまでもがんがんに使ってます、とのことで、
で、となりの席の人も、個人的にホームページを運営していて、で、いつもこの店にいっしょにくる連れ(その日はおひとりで来ていた)は、Webの制作会社で制作をしてる人、ということで、彼自身は業界の人ではないながら、関心が高いお方らしい。
フレキシブルに運用等々の作業に対応できる人を探している、ということなので、
それなら、わたしフリーでやってますので、もし機会があれば…なんてことになり、いろいろとお話をしていたのですが、
そこでわたしはちょっと驚きの発言を耳にした。
その、店員さんいわく、

「つか、やっぱり、時代はダイヤルアップですよ。」

………。

Webデザインの仕事に携わって数年。
はっきりいって、54kとかの回線の細いユーザー対応については、最近ではある程度切り捨ての方向で仕事をしている。というか、そこは切り捨てで、という指向の依頼がほとんどといっていい。
Flashを使ってビジュアル…、とか、きれいな画像素材を沢山つかって、とか、もしくはムービーコンテンツの話だったりとか、
ダイヤルアップの時代はもうとっくに過ぎ去ったものだと思われていた、ような気がしていた。

でも、その店員さんがいうには、

「早い回線は、会社とかで使ってるから、しかも、会社でイヤってほどコンピューター使ってる時代だから、家では、わざわざインターネットのためにモデムいれたりなんかしないんですよ。
必要に応じて、たまに電話線にカチッとつないで使う程度なんですよ。
オレのまわりのやつらはみんなそうですよ…。」

ということなのである。
なるほど、そういえば、うちの同居人も、がんがんにWeb関連のお仕事をしているにも関わらず、わたしが引越してきてADSLを導入するまで電話回線すら引いていなかった。
だって、家ではコンピューターなんて見たくもないし…と言っていたような気がする。

で、店員さんは、さらに、

「ダイヤルアップで、5秒以内に開かないページはだめですね。日本人の気質からいって、そんなには待てないもんですよ。」

…まじっすか。
いや、そりゃそうですけど。
待つのがいやだからこそ、DSLや光がこんなに普及しているんじゃあ…。

しかしながら、わたし、
彼のおっしゃることに、なんか新鮮な一理を感じたわけなのです。
ある視点から見ると、非常にメイクセンスだと思うのです。
おそらくは、その視点から考慮するに、いつの時代になっても、ダイヤルアップユーザーはまったくゼロにはならないことでしょう…。

めちゃくちゃ軽いのに、すごくナイス、なサイト、ちょっと作ってみたくなってきた。これはぜんぜん有りうると思われる。
Flashよりは、あえてGIFアニメ。
テキストベースのコンテンツだけど、読みやすくて、しかも内容が読むに値する面白さ。
などなど…。
それが、webというカテゴリーの常識枠を超えてひとつの作品として見た時、相当リッチなコンテンツ群にもひけをとらないクオリティに達することは簡単じゃないけど、有りうる。

'_' ko-0 | Probe!!!にも紹介されてた、塊魂オンザウェブは実際かなりすばらしいし…
(別に、ダイアルアップユーザーを意識した、というわけでもないのだろうけど…でも、たぶんこのサイトならダイアルアップユーザーでも十分イケることでしょう。)

あー、なんか。
読むべき時代の流れっていうのもいろいろありますが、
ちょっとわたし、頭にガツンと衝撃を食らいました。

帰りしな、店員さんがおみやげにくれたうまい棒を食べながら、
とぼとぼと帰路に着いたわけです。

0702
 
いつの時代でも、うまい棒はおいしかったのです。
 
posted by moonwalker at 12:31| ロンドン ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月25日

多忙すぎる。

 
ひとりで仕事をやっていく、と決めてから20日が経過したわけですが、
この間なにをしていたかというと、
実は、最初っからこんなでいいのか?
というくらいに、仕事の話がたくさん舞い込んできて、
これは会社勤めしていたころよりもココロの余裕がない状況。

当然のことだけれど、
営業活動・打合せ等々を行っている間は制作できないし、
制作している間は、当然外回りができない。
そのほか、
組織でいうところの総務部や経理部の方たちがやってくれてたようないろいろな事務的作業も行っていかなくては潤滑に回らないわけなのですが、
なかなかそこに時間もあてられずにいる。
ひとりで仕事をすることの非効率具合を身にしみて感じる日々。
でも、そんなことも含めて、
自分がだれのためになにをしているのか、
人が自分のなにに対してよろこんでくれているのか、なんていう非常にシンプルな相関図が見えやすく、
なんだかそれはそれはすごくプリミティブな充実感を得ることができるのですね…。
当然、大抵の組織に備わっている、失敗や失態をフォローしてあいまいにぼかしてくれるような機能はないわけなので、
たった20日の間にも結構な辛酸をなめる思いをしたりもしていて、
まだまだたくさん勉強をしなくてはいけないのですが、
それがいったいなんのためなのか、なににつながっていくのか、という部分がここまでクリアになっていると、
わたしのような なんでなんでちゃんにとっては、よいこともわるいことも非常に明快で気持ちがよいです。

というわけで、引き続きがんばりま〜す。
 
posted by moonwalker at 13:30| ロンドン | Comment(4) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月15日

またです。

 
またしても完徹。
昨日の朝から仕事しっぱなしで、たった今、納品したところです。
納期直前に一睡もしないで昼過ぎまで仕事をする、というパターンに体も慣れてきたらしく、肉体的にも精神的にも、なんかちゃんと8時間くらい寝た日の午後とあまり変わらない感覚なのだがこれは一体どうしたことだろう…。
おそとはなんだかものすごくいいお天気だし…このままお散歩にでもいっちゃおうかなあん。というかんじ。
しかし、ロンドンの天気は今日も不明。
…きっと、曇りのち雨ところにより一時晴れ、みたいな天気なんだろうなぁ。

それにしても、こんな風にしょっちゅう完徹せざるを得ない状況って、フリーランスで仕事していく限り当たり前なんだろうか。それとも単にわたしの要領が悪すぎるのか。
どうも後者のような気がしてならないのだけれど、とあるフリーでしっかりやってる友人にきくと、いや〜そういうものでしょう、結構みんなそんなかんじだと思うよ、一ヶ月の仕事をラスト三日でやるものだよ!と言いきっていた。

ほんとに……………?

個人事業主している方たちのお話を、一度ざっくばらんにきいてみたいものだ〜、と最近思ってます。なにかもっと効率よく、健康的なやり方があるんじゃないかと模索してるのじゃが…。
 
posted by moonwalker at 12:29| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月12日

完了。

 
先ほど、わたしのクライアントであるエージェント企業から、
昨日(というか今朝)最終チェックした某製菓関連の会社のサイトがついに本日、予定通り無事にリリースされたとの連絡が入る。

や〜っ。うれしい!

今回は何度か徹夜も強いられる納期の超短いお仕事だったけど、苦労しようとなんだろうと、完成したモノが自分の手を離れてひとつのモノとして(けど、モノ・なのかな…その点webってちょっと微妙なかんじではあるけれど)ひとり歩きをはじめてくれた瞬間の喜びって、何度経験してもすっごくイイものだ。
しかもお金までもらえちゃうとは。ね〜。
これだからモノをつくるおしごとはやめられない。フハ。
 
posted by moonwalker at 12:23| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月06日

またしても…

 
完徹いたしました。
お仕事があるのということは非常にありがたいことなんだけど、
納期のタイト具合は老体にムチうちです。
漫画家のお仕事でいう修羅場というやつはまさにきっとこんなかんじなんだろうな…。

それなりの達成感はあるけど、本UPは一週間後。それまでに細かいとこ直したり作りこんだりと、
まだまだやっておきたいことだらけで、前回のような、ジャングルを乗り越えた達成感はまだないかんじ。

もっと手を抜いてもだれも文句いわなそうな内容の仕事ではあるのじゃが…ついつい細部までこだわりまくる我。

朝、同居人が出かける間際に、昨日からずーっと、作りっぱなしの私を見て、
君はやっぱり作る人で、ディレクターやプロデューサーには向いてないのかもね、と言った。

わたしもそう思います。

徹夜明けの失業園でもいってこよ〜っと。
 
posted by moonwalker at 14:27| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月02日

徹夜の日々再来の予感…

 
週明けの火曜までに、30ページくらいのサイトを作ることになった。
うわ〜 時間がない!でもなんとしてでもやるのがわたしの使命。

今夜は ninja tuneのパーティに行きたいのじゃが…。

いけるのでしょうか果たして。ハフ。
 
posted by moonwalker at 12:03| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月29日

やばいんだよ

 
ほや〜〜〜。

昨日の夕方お花見から帰ってきてから、必死でお仕事を開始して、
夜が更け、そして朝が来て、たった今、データをメールで送信して、終了!
え?どうして?どうしてテレビではいいともをやってるの?
あたしは何時間ここに座ってPCと格闘しているの?
きゃ〜〜〜。

苦しい戦いだったわ〜。
お花見ですっかり浮かれポンチになっていた昨日の自分が夢のよう。
「キツイ…」
「はぁ…」
…などという、まるで老人の登山中のようなひとりごとが勝手に口からもれてきて、
くらくらしながら、もう限界点をとぉっくに過ぎながらも、
それでも必死で完成を目指すしかない状況は、
どこか、昔西表島のジャングルで、
丸一日山道歩き続けでへとへともいいとこだというのに、
日が落ちるころ遭難しかけてしまって、
真っ暗で、生い茂る木々にさえぎられて月明かりすら差し込まない中、
まったく土地カンもないのに、とにかく道なき道を前に進み続けるしかなかったあのときに似ていたわ。
何時間も何時間も歩いて、それでもなんとかジャングルを過ぎて、やっと車一台分くらいの砂利道にたどり着いたときの爽快感ったらもう。
月がすっごくきれいだったな…。

…っていう過去の旅の記憶とシンクロするなにかがありました。

あ〜っ!納品できた〜〜〜っ!!!

0329

ほんとうに長時間わたしを支えてくれてありがとう、いすくん。
重たかったでしょう…。

posted by moonwalker at 13:10| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。