2004年08月22日

小旅行。

 
わけあって、ここ一ヶ月ほど東京をはなれて暮らしています。

毎日忙しいのに重ねて拘束時間が長く、blogの更新どころか散歩すらする時間も気持ちの余裕もないという状況なのですが、
しかしながら散歩が大好きなわたしは、同じく散歩が好きな兄に連れられ、ある日ほんのすこしだけ、毎日通っている出先の近くのちょっとした小道を入ってみました。そして、そこに実はものすごく昭和初期の香りがするエリアが存在することを知りました。
古い家屋が立ち並ぶくねくねと折れ曲がった小道に沿って歩いていくと、ちょっとした商店街にぶつかるのだけれど、
この商店街がまた、おそらくは相当歴史があるんだろうなあ…と思わせる店たちがちょこんとこじんまり立ちならんでいい雰囲気を醸しだしていました。
ちょうど夕暮れ時でオレンジ色の光に包まれたその商店街はまるっきりなつかしい時代のそれだったわけなのです。

で、その商店街を歩いていると、これもまた、おおお〜〜!と思わず感嘆の声をあげてしまったくらいに素敵な趣のある銭湯を発見。
うわぁ〜っ、はいりたああい!と思ったのですが、もちろんそんなことが許される時間もなく…。

なのですが、今日ついに、帰り道に無理矢理寄ってしまいました。
ほんの15分でしたが、さくっと入ってしまいました。
これまでも、いろんな銭湯に訪れて参りましたが、ここは、たぶんこれまでで一番古いのでは…と思われます。
とっても素敵でした。
お湯がものすごく熱くて、連続で10秒くらいしかつかることができず、熱湯コマーシャルかい!と思いましたが、それでも、そんな超熱いお風呂でさっと汗を流して、天井の高い脱衣所で少しだけくつろいで、それからまたその妙に懐かしい小道を駐車場まで歩いて戻るとき、なんだかとっても気持ちよくってすがすがしくって幸せな気持ちになりました。
忙しすぎる日常の中で張り詰めて過ごしている最近の日常とは、ぜんぜん違う世界にいるみたいでした。てゆうか、おおげさではなく、全然違う時間軸に沿った世界にやってきたかのような、もしくはここはパラレルワールドなのかもしれないというくらい、気分が入れ替わりました。
こんな、たったの15分でばっちりリセットできてしまうなんて…。

人間っていうのは行動することで気持ちを高揚させることのできる生き物なんですねえ。


ちなみに名前は花の湯さんでした。
出かける前に fuqusukeさんのblog を見つけて、もうまったくこらえきれずについ行ってしまいました。
ナイスな取材を、ほんとにありがとう。
 
posted by moonwalker at 22:26| ロンドン ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 旅とか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月03日

Missing India

 
インド大好きです。
かつては一年のうち数ヶ月はインド、というのを毎年繰り返していた時代もあるのだけれど、純粋に旅人として旅をすることを繰り返しすぎてあまりにも当たり前のことになってしまい、新鮮な喜びが薄れてきてしまった。
旅を愛するからこそ、そんな風に感じながら旅をすることに疑問を感じて、旅人であることを一時休止してから早4年ほど経つ。

それにしても離れるほど恋しいインド。
その後ロンドンで暮らしていても東京で暮らしていても、
ことあるごとにインドへの恋心がふつふつと沸き立つことこれまで数百回。薄らぐどころか、募るばかりの思いっていうのがすごい。
これがだれか特定の男の子に向けての思いだったりしたら、結構な純愛なんだろうに…。

つい先日デリーに到着してインドの旅を始めたとうごサンが、
インドの旅レポートをスタートしたようです。
オンタイムのレポートを読みつつ、イマージネーションの世界にバーチャルトリップでもしつつ、また恋心が増してしまうわたしなのでした。
今後のレポートにも期待してます。

とうごサンの独り言 India

0503

い〜な〜。
 
posted by moonwalker at 14:50| ロンドン ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅とか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月09日

イラク人質の件

 
3邦人拘束、3日以内に自衛隊撤退せねば殺害と脅迫
 
ものすごく胸が苦しくなってしまいました…。
わたしにはどうしたらいいのか、わからないです。

とある視点。
blue log
人質事件雑感想 とあるチャットにて

 
posted by moonwalker at 01:31| ロンドン ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | 旅とか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月05日

ロンドンの

 
ロンドンのお天気 いっつも雨か曇りなんだけれど、
たまに晴れるとなんかもうすっごくうれしかった。

こんな風にさむくて曇ってる日は、
ロンドンでの楽しかった生活を思い出す。
だから、さむくて曇ってる日も、前より好きになったんだ。


まだお仕事中…。
 
posted by moonwalker at 02:36| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月30日

時間の流れ方


朝から渋谷で用事があったので、相変わらず寝不足の目をこすりこすり満員電車に揺られて出かける。
朝の電車に乗らなくてよい生活に突入して、現在ちょうど半年経過した。
会社勤めって、いいこともやなこともいろいろあるけど、
なにがいちばんいやだったかって、この行いかも。
はやく、全ての建物が透明なパイプで縦横無尽につながって、
乗り物なしでひゅんっと高速移動できる未来の世界が訪れればいいと思ったりもしたり。
つか、次にお勤めするなら自転車通勤できるところが絶対に、いい。

で、午前中には用事が済んだので、渋谷に住む友人をランチに呼び出した。
こんな時間にふつうに呼び出せる友人というのも数少ないけれど、
彼女はつい最近、会社を辞めたばかりなの。

彼女はわたしがロンドンで暮らしていたころからの大親友だ。
ロンドンに居た当時は毎日のように顔をあわせては、
ワインのボトルを掲げて日がな一日Hoxton sq.あたりでごろごろ日向ぼっこなんかしてすごしていたものだけれど、
東京で暮らすようになってからはお互いなかなか時間がとれなくなっている。
たまに会っても結局なんだかせわしなくて…。
どうして居る場所によってこんなに時間の流れ方が違って感じられるのか、まったく不思議なものだ。

が、今日は不思議と違ったんだよね。

彼女に連れられて、彼女の友達がオーナーをしているとあるカフェに向かう。
まだ時間が早すぎて準備中だったのだけれど、もうすぐだから中で待ってていいですよと言われて店内に入る。
で、その、中で待ってていいですよ、と言ってくれたウェイトレスのおねえさんが、
偶然にもわたしがFULL ONで夜遊びしていた時代の仲間のひとりだったのでびっくりした。
一番奥の、一段高くなった快適ソファ席を陣取って、
ひさしぶりに会えたウェイトレスの彼女やスタッフのみんなのあたたかいおもてなしにすっかりなごみつつ、
仕事の話やデザインの話や男の子の話や日々の暮らしの話やなにやらいろいろとしゃべりまくる。
しゃべりまくること……え〜っと、5時間。
軽いランチのつもりだったのに、気づいたらお店は夜のレストラン・バータイムの準備をはじめていて、外はなんとなく夕暮れの雰囲気になってきてしまった。そして、開店前から居座ってるオレらふたり。
お店のスタッフにも、「このまま閉店まで居たら?」と笑われるくらい、長時間粘った客になってしまった。

いや〜なんだろうこの満足感。
帰国して以来、はじめて彼女とほんとに一緒にすごせた、という感覚だった。
大好きな人と過ごす時間はあっという間だし、こんなに話してもちっとも飽きないし、むしろまだまだ足りないくらいだし。
でも、そんな大好きな人とですら、好きなだけ時間を過ごすことがなかなか許されない東京での日々。
なんでだろう。それって、東京のせいなのかな、それとも…。

0330

ここです。
渋谷ってすきじゃないけど、ここは自分の部屋に居るのと錯覚するくらいの居心地よさだったのさ。
 
posted by moonwalker at 23:59| ロンドン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。