2004年05月05日

しぜんのかたち


工芸作家のお友達から、料理を持ち寄ってのハウスパーティーに誘われた。
えびとパプリカのピラフを持っておじゃましてきた。
メンツは、休日は農作業もする彫刻家と、山裾の、猪に時折庭を荒らされて困る、というロケーションに暮らす陶芸家、それと主催者のお姉さんも加わったのだけれど、会場となった主催者のアトリエも、そもそも隣りのうちまで車で数分、梅雨の時期は蛍が舞い飛ぶほどに水のきれいな山の中で、とにかく自然がいっぱいすぎてすごい環境下にある。

彼女のアトリエに、わたしははじめておじゃましたのだけれど、広いスペースにはたくさんのガラス棚が置かれ、彼女のコレクションが所狭しと並べられていた。

コレクションの内容は貝殻や珊瑚・蝉やトンボの幼虫の抜け殻など、自然界の美しくて不思議なフォルムたちが大半を占め、あとはミニチュア動物フィギュアなどのおもちゃ類だった。

コレクションをながめていてわたしがなにより心をうばわれたのは、うにの殻だ。

どれも相当魅惑的な美しさだったが、とくに パイプうに という種類はやばい。
ざらっとした表面には、目の細かいファスナーのような質感で曲線が描かれ、その線と線の間にピカピカに磨かれたような白いツブツブの球体が絶妙なバランスで無数に配置されている。
人間がものをつくるなんて無意味におもえてしまうほど、その造形は洗練されてうつくしかったのですよ……
自然には、勝てない。

いなかで暮らしたら?と誘われ、かなり心が揺さぶられた一夜だった。


昔読んだ詩。

まちは ひとがつくりました
いなかは かみさまがつくりました

だからいなかはきれいです
 
posted by moonwalker at 03:30| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | aRT⇔deSIGn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月03日

Missing India

 
インド大好きです。
かつては一年のうち数ヶ月はインド、というのを毎年繰り返していた時代もあるのだけれど、純粋に旅人として旅をすることを繰り返しすぎてあまりにも当たり前のことになってしまい、新鮮な喜びが薄れてきてしまった。
旅を愛するからこそ、そんな風に感じながら旅をすることに疑問を感じて、旅人であることを一時休止してから早4年ほど経つ。

それにしても離れるほど恋しいインド。
その後ロンドンで暮らしていても東京で暮らしていても、
ことあるごとにインドへの恋心がふつふつと沸き立つことこれまで数百回。薄らぐどころか、募るばかりの思いっていうのがすごい。
これがだれか特定の男の子に向けての思いだったりしたら、結構な純愛なんだろうに…。

つい先日デリーに到着してインドの旅を始めたとうごサンが、
インドの旅レポートをスタートしたようです。
オンタイムのレポートを読みつつ、イマージネーションの世界にバーチャルトリップでもしつつ、また恋心が増してしまうわたしなのでした。
今後のレポートにも期待してます。

とうごサンの独り言 India

0503

い〜な〜。
 
posted by moonwalker at 14:50| ロンドン ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅とか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月26日

love DUB

 
情報を提供するためのWebっていうのは、
Web制作をお仕事にするうえで、かならず求められる要素。
…なんですが、
Webというメディアが可能にする情報伝達の手段は、解説テキストを読んでもらうとか商品イメージをみてもらうなんてことばかりではもったいないくらいに多様化してるわけで。

テレビに頼らずムービーが見れたり、ゲームで時間をつぶしたり、音楽をダウンロードしてみたりなんてこともいまやあたりまえにできるわけだけれど、ただ見る・見せるだけじゃなくって、なんかもう一段階上の情報提供の手段がありそうだと。

言葉で理解できる類の情報を超えて、もっと感覚に直に刷り込まれるような理解を求めることが、で、それを可能にすることができそうだと。

アートというジャンルに於いては、
「感覚にダイレクトに響いてきて、なんかもうものすごく好きだけれど、その理由は言葉ではうまく説明できない」
なんていう感動的な作品にごくたまに出会うことがあるけど、Webではどうか。
Webは、感覚に訴えるビジュアルのみならず、実際に操作させることで、訴えたいものそのものの中にユーザーを取り込んでしまうことが即時にできるところが、やっぱりすごく稀な情報伝達手段ですよね。

たのしくあそんじゃって、しかもビジュアルもかわいくって、そうこうしてるうちに、今自分を取り巻く周囲の空間のムードまでさりげなく演出してくれる。そういう言葉を超えた情報提供を楽しくやってるWebサイトにであって、ちょっと気に入ってます。
Webっておもしろいな〜。

0426

Play!
よかったらちょっと遊んで、この世界に巻き込まれてみてね。

D U B S E L E C T O R
 
posted by moonwalker at 14:03| ロンドン ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | aRT⇔deSIGn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月23日

うらないについて。

 
昨日はなんだか朝から凹み気味だったのだけれど、
まあ仕事しよう、ということでPCを起動。
まずはメールチェック、と思ったら、サーバが一杯になりそうだから削除してくれというメッセージが。
そんなわけで昔のメールをチェックしているうちに、2年ほど前とある人が送ってくれたメールに目がとまる。
内容は、yahoo!の占いコンテンツでわたしのことを占ってくれた結果をcopy&pasteしたものだった。
2年前の占いなだけに、その後実際にわたしの人生がどうなったか、わたしは知っているわけだけれど、ふりかえってみるとその占い、結構あたっている気がする。
なんだか気になって、さっそくやってみた。
yahoo!占い。

…なんかやなかんじの結果がでた。しかも当たってる気がする。

朝一番から、痛いとこをつかれて一瞬パラノいそうになるわたし。
もともと憂鬱モードだったのに拍車がかかってちっとも仕事が手につかない状況になる。

相手のことを思い浮かべながらクリックする、という相性占い、
同居人の彼に、わたしのことを考えながらクリックしてみて、と頼んで、ためしにやってもらった。

「うん、い〜よ〜♪」
と言って、楽しそうにクリックした彼は、やはりなんだかやなかんじの、気に入らない結果をみると、
「はい、もう一回!」「はい、じゃあ 二回目!」「はい〜 三回目いきま〜す」
と、次々クリックしたあと、まあまあいいかんじの結果がでると、
「じゃあ、これにしよう!!」
と言った。

なんだか、落ち込んでいたことが、相当ばかばかしく思えた一瞬だった。

0423

カードの絵も、ちょっぴりおどろおどろし目。
 
posted by moonwalker at 10:13| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月21日

タイポグラフィ。

 
今日渋谷で仕事の打合せをしたあと、あまりにもいいお天気なので、光合成がてらそのまま近所をちょっとぶらぶら散歩した。

わたしの住んでいる部屋は、北向きで昼でも電気をつけないといけないくらいに暗いので、こういう日の昼間に外に居る時間があることを本当に幸せに感じる。感謝感謝。神様ありがとう。

で、散歩中に、細い道に面した小さなガレージを発見。車の修理工場のようで、作業着のおじちゃんが3人くらい集まって、解体途中の車を眺めながらなにか相談をしていた。
なにげなく通り過ぎようとしたとき、そのガレージの脇にあったガレージの事務所への入り口に目が留まった。

昔から、なんかこう隣接した建物と建物の隙間とか、建物の小さな開け放たれた入り口とかそういう、小さく区切られて狭くて暗い空間になんだか妙に惹かれてついカメラを向けてしまうわたしなのだけれど、この小さな入り口もなんだかいい雰囲気を醸し出していた。
入り口のとなりに、事務所名を掲げた緑色の看板が3つ、並んでいて。
日本語と、英語表記のものと、関連会社の看板だと思う。
これも、すごくステキだった。
おそらくは相当古いもののようでちょっとペンキも剥げかけているのもまたいいかんじだし、なによりその、フォントがとてもかっこよかったの。フォントっていうか、手書きレタリングに違いないんだけど。

3人のおじちゃんにちょっぴりいぶかしがられつつ、控えめにちょっとはなれて、ひとまず撮影したんですけどね。やっぱしわたしの携帯カメラごときでは、いまひとつきれいに撮ることはできませんでした。残念。

0421 一応、雰囲気だけでも。

で、気をつけていろいろ見てると、街の中にはいろんな文字があふれているのですよね。
イギリスなんかでは、ちょっとした住所表記のプレートや、そこらじゅうにあるPUBの看板なんかの文字が、さりげなくめちゃくちゃ渋くてかっこよかったりするのですが、日本語も捨てたもんじゃないなと。
情報として「読む」のではなく、タイポグラフィを意識して「観る」と、結構楽しいね。るん。




で、おまけですが、これは昨日公園で見つけた文字。

0420

人という字は、人と人が支えあって…。みたいなね。
 
posted by moonwalker at 21:06| ロンドン 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | aRT⇔deSIGn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月19日

やっぱ映像っていいな。

 
気になっていたtronicの作ったムービーが、
彼らのサイトで公開されていると最近知りました。

creative reviewのコンペで受賞し、onedotzeroで上映されたというムービー、いいです。ウマイです。
思わず胸がときめいてしまいました。

0419
 
見てみてね。
  
posted by moonwalker at 15:22| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | aRT⇔deSIGn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月17日

テキーラ。

 
昨夜はとある身内イベントにあそびにいく。
身内ノリの小さなまったりしたパーティなんて久しぶりで、それは楽しかった。
けど、ひさびさに飲んだテキーラがおいしくて、つい調子に乗って飲みすぎる。お酒で具合がわるくなったのなんて、いったい何年ぶりなんだろう。徹夜続きで生活のリズムもめちゃくちゃになっていたし、でも、ぶわ〜っとはじけたい気分だったんだろうけど…。でも、いいおとななのに、反省。

パーティに行く前にMACを見にお店に寄った。
iBookG4かPowerBookかで悩み中。サブマシンとして使うにはiBookでいいかなあ…白いほうがなんだか愛らしいし…でも、やっぱりせっかく買うならPowerBookかなあ…いまいち、決め手がなくて迷っています。
キーボードのさわり心地は、PowerBookの方がいいかんじ。でも、やっぱり白いボディにふわっとリンゴマークが光ってるのがかわいいかんじ。自分の使用用途を考えるとPowerBookに越したことはない気もするし、でも、iBookでも事足りるのではという気も。10万近い金額の差もでかいし。
うわ〜。なやむ。
 
posted by moonwalker at 12:41| ロンドン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のぼやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月15日

またです。

 
またしても完徹。
昨日の朝から仕事しっぱなしで、たった今、納品したところです。
納期直前に一睡もしないで昼過ぎまで仕事をする、というパターンに体も慣れてきたらしく、肉体的にも精神的にも、なんかちゃんと8時間くらい寝た日の午後とあまり変わらない感覚なのだがこれは一体どうしたことだろう…。
おそとはなんだかものすごくいいお天気だし…このままお散歩にでもいっちゃおうかなあん。というかんじ。
しかし、ロンドンの天気は今日も不明。
…きっと、曇りのち雨ところにより一時晴れ、みたいな天気なんだろうなぁ。

それにしても、こんな風にしょっちゅう完徹せざるを得ない状況って、フリーランスで仕事していく限り当たり前なんだろうか。それとも単にわたしの要領が悪すぎるのか。
どうも後者のような気がしてならないのだけれど、とあるフリーでしっかりやってる友人にきくと、いや〜そういうものでしょう、結構みんなそんなかんじだと思うよ、一ヶ月の仕事をラスト三日でやるものだよ!と言いきっていた。

ほんとに……………?

個人事業主している方たちのお話を、一度ざっくばらんにきいてみたいものだ〜、と最近思ってます。なにかもっと効率よく、健康的なやり方があるんじゃないかと模索してるのじゃが…。
 
posted by moonwalker at 12:29| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月14日

夢をみた。

 
昨日目覚める直前に妙な夢を見た。
日頃無意識に少しずつ溜め込んでいた疑問やそれに応じたストレスなどに対して、ざっくり斬られたというような内容だった気がする。
できれば気がつきたくなかった自分の思いを丸裸にして、「あなたは本当はこう思っている」と突きつけられるような夢。

え?わたしって、本当はそう思っているの?かな…?

とか考えながら、昨日は一日、なんだか軽く苦しい思いのまま、憂鬱に過ごした。
夢が現実に与えるエフェクトって、結構すごい。

イラストレーター小波田 えまさんの見た夢。

小波田さんのWEBサイトはこちら
Welcome to Ema Konamida's site
 
posted by moonwalker at 12:53| ロンドン ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のぼやき。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月12日

完了。

 
先ほど、わたしのクライアントであるエージェント企業から、
昨日(というか今朝)最終チェックした某製菓関連の会社のサイトがついに本日、予定通り無事にリリースされたとの連絡が入る。

や〜っ。うれしい!

今回は何度か徹夜も強いられる納期の超短いお仕事だったけど、苦労しようとなんだろうと、完成したモノが自分の手を離れてひとつのモノとして(けど、モノ・なのかな…その点webってちょっと微妙なかんじではあるけれど)ひとり歩きをはじめてくれた瞬間の喜びって、何度経験してもすっごくイイものだ。
しかもお金までもらえちゃうとは。ね〜。
これだからモノをつくるおしごとはやめられない。フハ。
 
posted by moonwalker at 12:23| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごとのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。